上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

            
     
      ゆっくり眠って美味しい朝食をたくさん食べて、早めにチェックアウト。   
      2日目は、息子の修学旅行自主見学コースを辿りました。
    
  
   4-2-2.jpg 
まだ観光客も出歩いていない赤れんがの倉庫群を抜けて


   
       
      港を背に八幡坂をてくてく上ると 見えてくるのは、               
         4-2-1.jpg  + 函館ハリストス正教会+

                ギリシャ正教を日本で初めて伝道した教会だそうです。
                             平日の朝、早めの時間だったので、
                             人の気配のない教会は、
                             とても静かな空気に満たされていました。



                      4-1-3.jpg +聖ヨハネ教会+
          

           ハリストス教会の並びにある、英国プロテスタントの教会。
           どの角度からでも十字架が見えるようにとデザインされているのだそうです。
     

          

               






       
        続いて向かったのは、

               4-2-3.jpg   
                     +旧函館区公会堂+

             重要文化財に指定されている洋館で、
             大正・昭和天皇の宿舎にもなったそうです。

                  
            4-2-4.jpg 

         撮影自由の館内は、重厚な家具や調度品が当時のままに残っています。                
         二階のバルコニーから港が一望できる。
         坂の上の高台にあるので、その眺めは素晴らしいものでした♪ 



        坂を下り、再び赤れんが倉庫群に戻り、
        夕張メロンソフトクリームと、イカスミソフトクリームを食べて、一休み。
        倉庫群のショッピングモールでお土産のお買い物。
        函館は本当に美味しいものがたくさんで、目移りしてしまいます。




       お昼は息子が修学旅行で食べたラッキーピエロで、
       息子オススメのチャイニーズチキンバーガーを食べて、
       函館の旅はフィナーレ~ ひよこ   

       
       二人とも歩き疲れ、(食べ疲れ)
       帰りの特急では、爆睡 kao04

         

        ++ こんなに楽しくて充実した旅行は、初めてだった。
          きっと、ずっと、忘れることはないでしょう。
          息子の心にも、楽しい旅の記憶が、残っていてくれたらいいな ++

        
                            
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
        続いて向かったのは、

               4-2-3.jpg   
                     +旧函館区公会堂+

             重要文化財に指定されている洋館で、
             大正・昭和天皇の宿舎にもなったそうです。

                  
            4-2-4.jpg 

         撮影自由の館内は、重厚な家具や調度品が当時のままに残っています。                
         二階のバルコニーから港が一望できる。
         坂の上の高台にあるので、その眺めは素晴らしいものでした♪ 



        坂を下り、再び赤れんが倉庫群に戻り、
        夕張メロンソフトクリームと、イカスミソフトクリームを食べて、一休み。
        倉庫群のショッピングモールでお土産のお買い物。
        函館は本当に美味しいものがたくさんで、目移りしてしまいます。




       お昼は息子が修学旅行で食べたラッキーピエロで、
       息子オススメのチャイニーズチキンバーガーを食べて、
       函館の旅はフィナーレ~ ひよこ   

       
       二人とも歩き疲れ、(食べ疲れ)
       帰りの特急では、爆睡 kao04

         

        ++ こんなに楽しくて充実した旅行は、初めてだった。
          きっと、ずっと、忘れることはないでしょう。
          息子の心にも、楽しい旅の記憶が、残っていてくれたらいいな ++

        
                            
スポンサーサイト

【2009/04/02 21:28】 | 未分類 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。