上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右岸右岸
(2008/10/11)
辻仁成

商品詳細を見る


左岸左岸
(2008/10/11)
江國 香織

商品詳細を見る


冷静と情熱のあいだ で競演したお二人。
今回は幼なじみ(九と茉莉)2人の半生をそれぞれの視点から描いてあります。
“右岸”の方から読み始めました。
右岸は、フィクションでありながらノンフィクションのような、リアリティのあるお話でした。
全体を通して、重くて息苦しい。
それは、九の能力によるところが大きいのでしょうが・・・。
途中でリタイヤしそうになりつつ、読み終えた。

個人的には辻さんの本は好んで読まないのです。
あまりに劇的すぎる展開や哲学的な言い回しなどに違和感を感じるので。
例えば主人公の発する言葉なども、芝居がかっているような気がして・・・

ご本人がビジュアルの世界にいた方だからかな?
映像化できない部分を全て文章で表現しようとすると、
説明だけが長くなり、理論的すぎて難しい。
今回のような、「人とは違った能力を持つ主人公」だったら、なおのこと。

でも、辻さんの描くお話はロマンチックで熱いから、
女性のファンは多いだろうな。と、いつも思います。




右岸を読み終えて、江國さんは茉莉を
どんな風に描くのか、楽しみでした。

左岸は、まさに一気読み。
江國さんの好きなところは、お話の中に存在する
余韻・余白みたいな部分だったりする。
行間から漂う“いろんな気配”を読み取ることといった、
読み手が本と一対一で向き合う愉しみを、充分に味わうことが出来るから。

運命の波に翻弄されながらも
立ち止まらず、遠くへ進もうとする茉莉
恋が始まる瞬間。一番楽しい時の気持ちの高揚。
終わりが近づいている予感etc...
その時々の茉莉の心の揺れが直に伝わる。

最近の江國さんの書く長編は、どうもしっくりこなかったのですが、
今作は、わたしの好きな江國さんでした。


主人公、九と、茉莉。
2人が一緒に登場する場面はほんの少しなのに、
全く離れた場所・境遇で生きている2人が、
呼応して巡り会う場面は、違った作者の視点で描かれながらも
ピースが合うようにぴったりで。
当たり前ですが、そこに少しのずれもないことが素晴らしいなと
感じました。
少し時間をおいたら、熟成(?)しそうなお話で、
何年か後にまた、手に取ってみたいお話です。
                        ++++

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村


  

スポンサーサイト

【2010/01/31 19:54】 | 読書 トラックバック(0) |


tamamariko
nonokoさんの本の評論がすばらしいといつも感心しております。
読んだことがなくても読んでみたくなるし、
読んだ本についてはココまでうまく内容をまとめ上げられるかと・・・。
そして記事の随所に自分の感想をちりばめ・・・。

nonokoさん、本書けますよ!!!

私は左岸を読んでみたいと思いましたが、
やっぱり片方だけではダメなんでしょうね。

最近は、辻さんの本で、映画化されたヤツを読もうとか考えてました。



nonoko
> tamamarikoサン

左岸だけでも、読めると思います。
でも、読まないにしても右岸も
お手元にあった方が、面白いかも。

基本的に読書は好みがあしますし、
感想については独りよがりで良いと
思っているのですが、
tamamarikoサンの参考になれば嬉しいです^^

“サヨナライツカ”は、ずいぶん前に
図書館で借りて読みました。
中山美穂さんが主演で映画化されたようですね。
原作の主人公のイメージがまんま
中山美穂さん!だったので、
これは映画も観てみたいと思っています。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
nonokoさんの本の評論がすばらしいといつも感心しております。
読んだことがなくても読んでみたくなるし、
読んだ本についてはココまでうまく内容をまとめ上げられるかと・・・。
そして記事の随所に自分の感想をちりばめ・・・。

nonokoさん、本書けますよ!!!

私は左岸を読んでみたいと思いましたが、
やっぱり片方だけではダメなんでしょうね。

最近は、辻さんの本で、映画化されたヤツを読もうとか考えてました。
2010/02/01(Mon) 12:56 | URL  | tamamariko #-[ 編集]
> tamamarikoサン

左岸だけでも、読めると思います。
でも、読まないにしても右岸も
お手元にあった方が、面白いかも。

基本的に読書は好みがあしますし、
感想については独りよがりで良いと
思っているのですが、
tamamarikoサンの参考になれば嬉しいです^^

“サヨナライツカ”は、ずいぶん前に
図書館で借りて読みました。
中山美穂さんが主演で映画化されたようですね。
原作の主人公のイメージがまんま
中山美穂さん!だったので、
これは映画も観てみたいと思っています。
2010/02/02(Tue) 17:17 | URL  | nonoko #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。