上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


        実家からきた、津軽塗りの丸盆と、
         8-18-2.jpg
                        C-POINTから連れ帰った吹きガラスの一輪挿し。

       
             ただ、和室にあるだけで、落ち着いた気持ちになる。             
             塗りのお盆は渋すぎて、使えないかな・・・と思っていたけれど、
             このガラスと一緒だと、適度にカジュアル。

             そして、花を挿さなくても 
             強い存在感を放つ、ガラスの一輪挿しは、
             愛知・吹きガラス工房一星(ひとつぼし)さんの、作品です。 

             実はまだ、花を挿してはいないのです。
             陽に当てたり、日陰を選んだりして、
             ただ、眺めているだけ。

             日陰では、茶味がかっていますが、
             陽に当てると、紫が先にきます。

                          
            8-18-1.jpg
                         微妙な色合いに変化するガラスには、
                         秋の花が似合いそう。
            
 


             
             
               
              
             
           
       
             
スポンサーサイト

【2009/08/18 21:03】 | 古民家 トラックバック(0) |


HIYOKO
こんにちわ!
吹きガラス工房一星、地元愛知という事で気になりHP探してみました。
涼しげなガラスなのに温かみのあるガラス製品たち。この一輪挿しも色合いが渋くて、でも可愛くて、きっと私もC-POINT行っていたら、この魅力的な一輪挿し買っていただろうなー。
nonokoさんのお庭に咲いている小花に合いそうですね。
グリーンのみでも、一輪挿し自体に存在力あるので、いいですよね。
津軽塗りの丸盆も若い人では、中々買いそうもない渋さがいい!
塗り物って、手入れして大切に使っていきたいですよね。お母様が使っていらっしゃたものかしら?
キレイです☆

なにげに写っている和室の襖や柱、テーブルも落ち着いていて、nonokoさんの生活が垣間見れて嬉しくなりました。



nonoko
HIYOKOさん、コンニチハ。
吹きガラス工房一星さんのHP
早速探していただいたんですね!
C-POINTでは、作家さん自身がお店に出て下さってるのも嬉しいところなんですよ。
一星さんは、とても明るくて、かわいい人
でした。
愛知から青森までの道中のお話も気さくにしてくれました。

津軽塗りの丸盆は、お墓参りのさい、
実家の物置から引っ張り出してきました。
わたし、実はお盆やトレイがスキなの!
塗りの艶感や色味は、今までは渋すぎて
好んで選ばなかったのだけど、
歳をとるごとに、気になってきました。
高価な塗り盆で、母もしまっておいていた物の
ようで、譲って貰ったのでした。
場所を選びそうなイメージですが、
わが家にはすんなり打ち解けたみたい^^

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ!
吹きガラス工房一星、地元愛知という事で気になりHP探してみました。
涼しげなガラスなのに温かみのあるガラス製品たち。この一輪挿しも色合いが渋くて、でも可愛くて、きっと私もC-POINT行っていたら、この魅力的な一輪挿し買っていただろうなー。
nonokoさんのお庭に咲いている小花に合いそうですね。
グリーンのみでも、一輪挿し自体に存在力あるので、いいですよね。
津軽塗りの丸盆も若い人では、中々買いそうもない渋さがいい!
塗り物って、手入れして大切に使っていきたいですよね。お母様が使っていらっしゃたものかしら?
キレイです☆

なにげに写っている和室の襖や柱、テーブルも落ち着いていて、nonokoさんの生活が垣間見れて嬉しくなりました。
2009/08/19(Wed) 14:38 | URL  | HIYOKO #-[ 編集]
HIYOKOさん、コンニチハ。
吹きガラス工房一星さんのHP
早速探していただいたんですね!
C-POINTでは、作家さん自身がお店に出て下さってるのも嬉しいところなんですよ。
一星さんは、とても明るくて、かわいい人
でした。
愛知から青森までの道中のお話も気さくにしてくれました。

津軽塗りの丸盆は、お墓参りのさい、
実家の物置から引っ張り出してきました。
わたし、実はお盆やトレイがスキなの!
塗りの艶感や色味は、今までは渋すぎて
好んで選ばなかったのだけど、
歳をとるごとに、気になってきました。
高価な塗り盆で、母もしまっておいていた物の
ようで、譲って貰ったのでした。
場所を選びそうなイメージですが、
わが家にはすんなり打ち解けたみたい^^
2009/08/20(Thu) 15:38 | URL  | nonoko #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。